代替療法

 

先日のカラスをトリミングしてみた

野鳥の好きな私であるが最近はずっとカラスである
この手のカラスは狂暴なようだ
くちばしの形がそうであったし、私がいても平気であった

さて、代替療法というのはどなたもご存じであろうが
私自身知らないでずっと今の方法でやってきた
ただ、二年ほど前までは別のところを利用していた
けれどなんとなく体が回復に向かわない
やってる時は体調はいいが、
終えるとすぐに元に戻ってしまう

何か違うなぁーと思いながら今の方法に辿り着く
サプリメントというが中身は根本的に違っていた
私と愛犬と一緒に試していた
愛犬は何度となく不調に陥りながら
今ようやく落ち着いている

それを見ながら私も勇気づけられた
病院で処方される薬は症状は抑えてくれるが
治るものではないと私もわかってきた

薬が化学物質で作られていることを知らない人も多い
知人も全く知らなかったようだ
それでも風邪を引いた、喉が痛いというと
真っ先に病院に駆け込んでいる

「まだ喉が痛いからまた病院に行く」
というメールを頂いた時は、残念だなぁ、と思った
風邪は病院の薬を飲んでも治らない、というのは
最近テレビでも放映されている

熱を出し、咳を出し、それから風邪は治っていくもの
からだはひとりひとり違うもの
ある人には効く薬でも別の人には効かない
薬といわれている化学物質が
人によっては毒になるかもしれません

現実に私自身、長年の降圧剤の副作用で耳鳴り
血行不良、レイノー症状など引き起こしている
それが皮肉なことに、新たな病だと勘違いする

薬をやめれば耳鳴りは治るものと思っていた
そんな簡単なことではなく、今に至っている
川島なお美さんもまた代替療法をやっていたと聞いた

今を乗り越えればなんとかなるやもしれない
そんな思いで息子の部屋を掃除していた
自分で作った弁当を忘れている…

遠いので届られないがメールで知らせる
私の愚痴を聞いてくれる人はいるが本当の意味ではいない
いなくても神様仏様がいるとのこと

ある意味、そうだなぁと思った





愛犬、カラスに狙われる

 

以前は毎日のように水汲みに来ていた
今は週に一度くらい
いつも決めているわけではなく、
ちょっと時間が空いたな、という時に行っている

まだまだ本調子ではない愛犬も一緒だった
私もいたのに、なぜかカラスがやってきた






4_201806231546085ad.jpg 

カメラを向けるとちょっと緊張
この真上にカラスがやってきた
私がカメラを向けると、上の画像のように
すぐに逃げ去った
あとで考えたらウチの愛犬を狙ってたようだった

このあと、帰ろうとしたら先ほどのカラスがやってきて
今度は猫を追いかけていた。まだ数か月の猫だと思う






5_20180623154609d02.jpg 

それで思い出して画像を探してみた






p.jpg 

春先に見たこの猫だと思った
猫も無事カラスから逃げられました
カラスは犬も猫も狙うのですね

今日は少し暑いと思います
湿度は低いのですが私には少し暑く感じられます
一日いちにちがちょっとだけ長いかな




制限されたもの

 

烏がいます

このところの不調で通院が多くなりました
けれど全てが耳鳴りによる不眠から来ているようでした
だからどこへ行っても病名を告げられません
そこで薬を頼りに調べてみるとこれもまた的を得ていません

やっぱり医師もよくわからないんだなと思いました
個々の病名はわかっていてもどこから症状が
来ているのかそれがわかるのは本人だけ

いくら私がそうだといっても、自己判断でしかない
医師でもないのに断言するのはおかしい
そう思われるようだ

実際にそういう医師も存在する
姉がそういうことを言われたそうだ
患者がこうではないか?
という言葉をいってはいけないのか
それこそおかしな話である

自分の体なのだから自分の意見も言いたくなる
判断するのは医師であっても患者の意見も聞いてほしいものである
何もいえず、ただ「ハイ、ハイ」と聞くだけだなんて
おかしいと思う

少し耳が痛い、というだけでたくさんの薬を処方された時は
マジびっくりした
最近、辛い物が耳にダメ、お酒も脳にダメ、
もちろんタバコも(私は吸いません)、あとは、買い物も疲れる
来客ももちろん、電話、メールもそう
穏やかに過ごしたほうが耳にはいいらしい

それは心とつながっているから
だけど何もかも制限するとかえって心が不安になる
たまにはいいか、と思って、パソコン用の老眼鏡と
あとは小さめの発泡スチロール箱を買って来た

ついでに夕飯のおかずも。今日は暑い日である
ブログも長い事書けなくなりました
体調を見ながら家事をしています
家事をすることがこんなにありがたいと思ったことはないです
普通のことを普通にできることが一番のしあわせ

ちょっと前の自分がまだ幸せだったことを思い出しています
もしかしたら今もまだ幸せなのかもしれません

耳鳴りによる不安から不眠症になったのか
それとも更年期障害も絡んでいるのか
ストレスによる自律神経失調症なのか

体が動いても心が動きづらくなる
一歩前に進めば、スイスイ体は動く
ただの怖がりなのかもしれない






更年期はまだ若い?

 

更年期はもうとっくに終わっていたものと自覚していた私
ところがストレスが発端となり、最後のあがきかな





90_20180608121419186.jpg 

ほれ、ここにも毛がボーボー
ここまで体調が悪化するとどうでもよくなった

睡眠がうまくいくかいかないかで雲泥の差
これほど体調が違うものかと改めて思った
トイレも肩こりも気分まで違ってくる
そういえば昔はこんな感じで過ごしていたんだよな
本当はわたしずっとしあわせだったんだ
今ごろになって気づくだなんて…




34_20180608121414bc3.jpg 

毎日適当におかずを買ってくる
作る頻度が少なくなった
それでも最低限の家事はこなしている

誰も言ってくれないから「主婦の鏡だな」なんてね
私も更年期のような性格だったしね
喜怒哀楽、激しかった





44_20180608121415da9.jpg 

バスを待つ人

さて、更年期といえば、もうばばぁの仲間入りかと思ったら
そうではないらしい
更年期はまだ若いと言われた

そうなんだ、更年期はまだ若いんだ
考え方ひとつで全く違ってくるね
私はまだ若い、そう思うことにした





今年のヤマボウシ

 

2、3日雨が降っていたのでこの日も曇りがち
気づいたらヤマボウシの花が咲いていた

実は赤く甘い
皮は舌触りが悪いが、果実酒にするとかなり美味しい
レモンを入れると格別な味






5_20180531114531f35.jpg 

薄暗い感じであったが、私の心もこんな感じが多かった

「更年期障害」と気づいてハッとした
その途端、死ぬことはないが鬱でもやもやとするのは嫌
ならば、倒れる前に、部屋の中をスッキリさせよう
ということを思い立ち、朝夕1時間ずつ片づけている

元々整理整頓が好きだった私なのだが
いつの間にか不調を理由にさぼっていた
やりだしたらとまらないので、朝夕1時間としている





8_20180531114536ae3.jpg 

ヤマボウシの樹になぜこのようなものが?
ちょっと気持ちが悪い

更年期障害といえば、
自律神経失調症とほぼ変わらないのではないか?
どこにどんな不調が出るのか個人個人違うらしい
ストレス、疲労がたまっても違ってくるだろう
何故今なのか本当に不思議である
通院している人もいるだろうし、入院もあるだろう
それくらい更年期障害はつらい

どうしたら快適に終われるんだろう
姑の言葉を想い出していた

「私なんか更年期なんて全くなかったわよ」

そうかしら?と内心思った
普段から更年期障害のような性格だったから
自分ではあまりわからないと思う(失礼ながら)

まだ21歳そこそこだった私
そういう余計なことはよく覚えていた




プロフィール

kirari。

Author:kirari。
わたしの新しいノート。
また新たに始まりました…
あったかーい旅にしたいです
お気軽にお越し下さい~♡

はじめまして~♪
aka

チワワのちびこ(♂)です
よろしくね!
10歳になりました
勝気で臆病です
実はお洋服を着る事が
大嫌いなの

カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
最新記事
ご紹介
Eちゃん Eちゃん
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
2932位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
1034位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
メッセージをお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント