統合失調症

きのう統合失調症のことがテレビに入ってて、
少しだけわかったような気がした、かな?
今まで漠然としかわからなかった
幻覚、幻聴が主な症状である
けれど、
なにもわからないで接していると何も気付かない
毎日一緒に暮らしている人でなければ…

実の姉が二人とも精神障害を患った
一人は統合失調症と診断され、
一人はうつ病が悪化した

私も更年期障害によるうつを軽く発症した
自己判断なのであいまいな症状ではある

若い人に発症する、というが、だったら姉の場合、
仕事をしてた時が考えられる

普段見ていて気になることといえば、
いろんな作業に関して非常に細かい
洗濯、洗い物、料理を見ているとよくわかる
それと、ある日突然に電話が多くなる

これはどっちの姉にも共通してた
私の電話嫌いの理由にこうしたことも原因である

母親が亡くなった時、
実家で食べないで外で食べてしまった

「私の作る料理は食べられないってことよね」

おばと一緒に姉に攻め立てられて困ってしまった
確かに黙って出かけたことは悪かったと思うけど、
何故におばと一緒になってそこまで
いわれなければならなかったのか、
当時は不思議に思っていた。

姉妹なのに、どうして?
それ以降、実家とは疎遠になった
何度かおかしいな、と思ったことはあった

「長ネギを採ったから今日貰いに来て。
私はこれから出かけるから、玄関に置いとくね」

それで実家に行ってネギを入れた箱を持とうとしたら
姉がひょっこりと顔を出したのだ
これにはちょっとびっくりして…
いったいどういうことなのだろうか?

ほとんど電話でやりとりしていたが
急に子供服はいらないか?という話になって
近所にも小さい子はいないからいらないゎ、
そういって断ったのだった
それでもやっぱりウチに持ってきて困り果てた

姉がおかしいと気付いたのはある日の冬の早朝
ドアをたたく音と叫び声とインターホンが鳴り響いた
ちょうど私がうつっぽくなってた時だ
自分よりもおかしかったのは本当は姉だったのだ

「具合が悪いんだったら私が付きそおうか?」

そういうことまで言われたのだ
本人(姉)は悪くない、そう思ってるらしい
私の方は自分自身が精神的に不安定なのは自覚していた

今、思えば…
と思うことは多々あった
人の話も自分のことのようにはなす

「私は要らない人間ではないのか?」
と…。

一番多かったのは
隣の誰々さんが私のことをいつも見張っている
その話を度々していた
それ、本当なの?と私も何度も聞き返した

一年前、長女の姉が突然倒れて亡くなった
あっという間だったらしい

それ以前は何度か入退院を繰り返していて、
ある日、同じ病院で長女と次女がバッタリ出会ったそうだ

おたがいに、「なんでここにいるの?」 と…


もう一人の姉は今現在薬を飲んでいて、
症状は治まってるらしい
だけど薬の副作用なのか、
手足が思うように動かせない
車の運転もしてないし、ケータイも持ってない
炊事も最低限のことしかできない

だからわたしがいつも言っている
日常生活を 毎日普通に過せる、ということは
非常に大切なことであり、
しあわせなことなのである。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kirari。

Author:kirari。
わたしの新しいノート。
また新たに始まりました…
あったかーい旅にしたいです
お気軽にお越し下さい~♡

はじめまして~♪
aka

チワワのちびこ(♂)です
よろしくね!
9歳になりました
勝気で臆病です
実はお洋服を着る事が
大嫌いなの

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
最新記事
ご紹介
Eちゃん Eちゃん
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
2221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
797位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
メッセージをお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント