油断していたこの時期


ちょいと体調を崩したが、温泉で少し回復
脳が疲れてしまい、また目から来る肩凝りと頭痛を発症
いつもなら頭痛薬を飲むのだがそれもやめた
何故ならば、薬はいっときはよくなるが
治るわけではないのだから、なんとか自力で治す

同時に免疫力も落ちてくるので
大したことなくても、今の季節は気をつけたいもの


愛犬、クッシング症候群と診断されて二年経過
なんとか生きながらえているが、今年になって
副作用とみられる兆候がなんとなく出てきた

体を洗っている時、肛門腺絞りを行うのだが
後ろ脚の力が抜けてしまうのだった
最近では、くしゃみと思えない変なくしゃみが連続
体がピクピクとするので、名前を呼んだらとまる…





55_20171007172543176.jpg

一大決心をした
もう、薬は飲ませない、病院にも行かない、と…
詳しくは書けないが、食事にも多少気を付けて
私と同様、薬なしで根本的に治すことにした

薬の名前が書かれていないので、薬の裏側をみて調べた
そうしてわかったのだが、
副作用の数があまりにも多すぎて愕然とした
病気そのものよりも副作用のほうがさらに怖い

死ぬまで愛犬に薬を飲ませることに私は耐えられなかった
けれど飲まないと死ぬとわかっている
わかっているのに、そのような行為をするのか
いえ、助ける
このままみすみす、愛犬を死なすわけにはいかない

愛犬と一緒に寝ながら一晩考えた
愛犬は口をきけない
本当は苦しいはずだ

体に力も入らないだろう
わけのわからない副作用に苦しんでいるだろう
それでも私にずっとついてくる
ひたすらついてくる
そんなに頑張らなくてもいいのに
こんな飼い主についてこなくてもいいのに




66_20171007172544727.jpg

カラスのいる風景

朝方である



私はあきらめない性格
自分の病も、愛犬の病も
助かる命はなんとしても助ける

どんなふうに思われようが、
愛犬の命を助けるのは薬ではない

その力を与えてくれたのは、
なんなのか私にもよくわからない
私が危ない目に遭わないのは、背後霊、間違えた
ご先祖様であると、昔聞いたことがある

それをずっと信じているわけではないが
いろんな病気を患っても、入院は逃れてきた
入院は、小学生の頃の鼻の手術とお産の時だけだった

お産の頃は、旦那のせいなのかどうか知らないが
B型肝炎も発症した。痒みには悩まされた
歩くとふらふらとめまいがするのでトイレに行けず
何もできないということが本当に苦痛だった

それが20歳そこそこ
今、体はガタガタであるが、若い頃よりは
ずっと物事を勉強し、そしてまた覚えることも楽しかった

私はひとつのことに集中することが好きである
その甲斐があって、犬の病も治せることを知った
常識では考えられないことだが治せると思った

化学式はもっとも不得意
見るだけで脳がストップしてしまう
わからない文章は何度も読み返すことで理解できた
忘れたらまた読みかえす

既に実行しているが、万が一、愛犬の命がなくなろうと
それはそれで覚悟をしている
一度は死ぬかもしれない状況に追い込まれた
あれから二年…

副作用で苦しむのは耐えられない
それを避ける為に私は命をかける
私の体重、さらに減ってしまった



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kirari。

Author:kirari。
わたしの新しいノート。
また新たに始まりました…
あったかーい旅にしたいです
お気軽にお越し下さい~♡

はじめまして~♪
aka

チワワのちびこ(♂)です
よろしくね!
10歳になりました
勝気で臆病です
実はお洋服を着る事が
大嫌いなの

カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ
リンク
最新記事
ご紹介
Eちゃん Eちゃん
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
3883位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
1350位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
メッセージをお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
最新トラックバック
最新コメント